パプパプの部屋

アクセスカウンタ

2016〜

zoom RSS PS3初期型 BDドライブ修理に挑戦→失敗!

<<   作成日時 : 2017/07/02 09:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

子どもが久しぶりにPS2ソフトをしてみようと我が家にある初期型PS3にディスクを突っ込んでみると、ソフトの読み込みができなくなっている。初期型PS3のメリットはPS1やPS2のソフトが使用できる点ですが、なにせ作動時の冷却ファンの音がいつもうるさい。よって、最近のこのPS3初期型の出番は、カメラで記録したSDカードをTV画面で見ようとするときぐらい。

ググるとディスク読み取り不良はレーザーピックアップ部分の劣化が多いとのこと。購入後、相当経過しており、ソニーのHPを見ると、サポート対象期間外で、有償修理もしてくれません。代替品となるレーザーピックアップ部分は、意外に安価で、アマゾンで1300円強(リビルト品?)。ユーザーが本体を分解するとサポート対象外となる注意書きはあるものの、すでにサポート対象外なので、そこは気にする必要もなく、自分で分解・交換作業をしている方も多いため、私も一か八か自分で部品交換をしてみることにしました。

<作業途中の写真>

●「分解はサポート対象外」と宣告する警告シール & 光学ドライブ系ボックスの上蓋を外したところ
画像画像

●レーザーピックアップ部の新旧比較 & 途中、行方不明になった小さなバネ(黄矢印)
画像画像

●再組立時での「ディスク排出状態」となる各パーツ位置写真(右は「ディスク挿入状態」)
画像画像

●埃まみれの内部
画像画像

●ヒートシンク部の冷却復活処理・・・CPUグリスの再塗布前後
画像画像画像

<作業内容と留意点>
●細かい分解・交換作業手順は、先人の記事、動画が多数アップされているので、そちらをご参考に!
●とにかくネジの数等が多いので、ばらすと、再組立時が大変。なので、要所要所はカメラで記録を撮ったりして、ネジの管理が必須
●埃が内部に堆積。この初期型は熱量が大きく、吸気も多いので、どうしても埃を溜め込みやすい。なので、分解するなら清掃は必須。放置すると、熱が内部にさらに滞留し、高温状態を惹起するから
●冷却ファンが強回転するのは、CPUが高温になったとき。そもそもこの初期型は消費電力が大きく、熱が大量に発生するタイプなので、いかに効率的に熱を排出させるかが課題。CPUの温度を上げすぎないことが騒音対策の要。よって今回の分解作業で、同時にCPUグリスの塗り直しも実施
●レーザーピックアップ部分を交換するには、光学ドライブ系ボックスの分解が必要ですが、黒い箱を二分割に外す時点で「ガチャッ」と音がして、ディスク出し入れのための歯車部分等の位置が狂い、『ディスク排出状態』なのに『挿入状態』になってしまいます。そして、このまま再組立するとディスクが挿入できなくなります。
→よって、再組み立て時には、ディスク出し入れのための歯車部分等の位置を強制的に元の正常な位置に戻してやり、『ディスク排出状態』として再組み立てする必要があります。(重要:ココは「ディスク排出状態」となる各パーツ位置写真を参照)

<今回の作業を振り返って>
●今回の作業ですが、当てが外れました。レーザーピックアップ部分を交換すれば修理できるとの淡い期待をしましたが、そもそもPS3ソフトはできていたので、PS2ソフトを起動させるシステム上の不具合など他に原因があったようです。
●記事として投稿されるモノは成功したケースが多いですが、今回のように失敗するケースもあるので、自分で挑戦される場合には、治らなくてもイイやくらいの気持ちで臨まれることをオススメします。

他の記事をご覧になりたい場合は『パプパプの部屋』へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
▼▽励みになるのでお願い!▽▼
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

手作り・DIY ブログランキングへ
・・クリック解析中・・

▼▽ こちらは気が向いた折りに! ▽▼




THE BED ROOM


blogramによるブログ分析 QLOOKアクセス解析
無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

PS3初期型 BDドライブ修理に挑戦→失敗! パプパプの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる